低負荷・短期間で効率抜群!加圧トレーニングとは

脳を上手に「だまして」効果アップ

故障のある人や若返りを求める人にもオススメの運動、ラクラク低負荷・短時間ですぐに効果のある「加圧トレーニング」をご存知でしょうか?専用のベルトを用いて「脳を騙す」ことにより、まるで長時間ハードなトレーニングをこなしたのと同等の効果があるといいます。ボディビルの大家が若き日の「ひょんな出来事」から発見し、いまや多くの人が取り組む人気のメソッドとなっています。その由来、やり方はどのようなものか見ていきましょう。

秘密は専用ベルトにあった

加圧トレーニングを行う際は両腕とふとももの計4箇所に専用「加圧ベルト」を巻きつけ、適度に血流を抑制します。そして10分間程度のごく軽い運動メニューをこなした後ベルトを外します。このように血液の流れを上手にセーブすると、脳が「いま身体はハードな運動をしているのだ」と錯覚を起こし、血流を増大させ そして成長ホルモンを分泌するようになります。血流セーブ→軽い運動→開放、の手順による血流増大効果により手足の指先すみずみまで血がめぐるようになり、ケガ等故障による血流障害にも改善効果があります。また加齢により衰えていく成長ホルモン分泌を促すため、アンチエイジング効果も期待できます。

自己流は逆効果!まずはジムに相談

このトレーニング方を考案・確立した佐藤義昭氏は とある法事において長時間正座をしていたため足がしびれてしまいます。ふと「これはハードトレーニング後の感覚にそっくりだ」と閃き、試行錯誤を積み重ね現在のメソッドの礎を築いていきました。このようにして出来上がった「低負荷・短時間・短期間」というメリットのある加圧トレーニングですが、とりくむ上での注意点もあります。いちばん大事なのは「自己流ではやらない」事でしょう。ベルトによる血流阻害も過度になっては逆効果、また運動メニューを上手に組み立てるにもノウハウが必要です。効率や安全を考え、まずは専門トレーナーのいるジムに相談することが早道だと言えます。

加圧トレーニングなら横浜駅前のジムがおすすめです。通勤通学後に気軽に利用できます。毎日通えば体つきが変わってきます。