自分の歯を残したい!いい歯医者さんに出会うまで!

治療方針を確認しよう

家の近くにあるから、家族が通っているから、そのような理由で行くようになった歯医者さんに通っていませんか。もし、その歯医者さんとの相性がよければいいのですが、虫歯治療で色々なところを大きく削ったり、抜歯されたり、気づいたら自分の歯が減ってしまっていることに気づいても遅いのですよ。自分の歯が大切だと思ったら、色々な歯科医院に行って、治療方針を確認することはとても大切です。治療方針が自分の希望に合う歯医者さんを見つける努力は怠らないようにしたいものです。

定期的にクリーニングに行こう

自分の歯を失わずに済むにはどうしたらいいのでしょう。地道な努力、これが最低限必要です。日々の歯磨きはもちろんですが、自分で磨くだけでは磨き残しがやはりでてきてしまいますよね。磨き癖は簡単には直らないものです。できれば定期的に歯医者さんにクリーニングに行くことをお勧めしますよ。そのときに歯医者さんとの会話の中で、いかにクリーニングが虫歯を予防してくれるか、どのように磨いたらいいのか、きっとアドバイスがもらえるはずです。

良い歯医者さんとは?

自分の歯をできるだけ残したい、その気持ちに応えてくれる歯医者さんは良い歯医者さんといえるのではないでしょうか。歯を残すのが一番と考えている歯医者さんは、治療方法も保存することを優先的に考えて治療してくれるはずですよ。もちろん残念ながら手遅れで、自分の歯の保存が既にできない状態になってしまっていたら仕方がないとは思います。それでも、何故保存ができないのかという理由を患者さんに分かりやすく説明してくれて、自分が納得ができれば良い歯医者さんといえるでしょう。

根管治療は虫歯などが進行してしまった場合に菌を完全に取り除いて、抜歯などをしないように対策をします。