治療法だけでなく本人の工夫も!歯の治療を気付かれない方法

矯正ブリッジ一つ取っても目立たない方法はある

歯の治療の中でも、とりわけその状態が院外で目立つのは歯列矯正であるに違いありません。一般的に描かれるイメージの通り、歯列矯正では歯列の全周にまたがる目立つブリッジを装着しなければならないケースが多く、患者にとってもそれは辛いものでしょう。ですが現在では歯列の後方からブリッジを噛ませたり、特定の歯の間だけに矯正器具を嵌め歯列を正常に治すといった方法も開発されているなど、だいぶ見た目に関する弱点は軽減されてきているものです。費用面でもそれ程大きな差は無くなってきており、これなら検討に値しますよね。

虫歯の詰め物は同系色で目立たなくなる

これまである程度の深度に達した虫歯に対しては、詰め物として銀色のアマルガムを用いるのが一般的でした。ポピュラーな方法でしたがどうしても色的に目立ってしまい、口を開けるとそれが明らかに不自然感を生んでしまうものでした。現在では元の歯とも親和性が高く接着力も強い白色のレジンを素材とした詰め物を挿入するケースが増えています。それにより歯の治療痕もだいぶ目立たなくなり、誰でも治療後に思い切り口を開けて話したり笑ったりする事が出来る様になったのです。

どうしても目立つなら生活の中でそれなりの対策を

長期的な矯正治療ならともかく、短期間で治療の痕やその進行状態が目立ってしまうケースであれば、患者自身で行える対策は試みた方が良いでしょう。例えば一番効果的なのが大きめのマスクの装着。口をすっぽり覆ってくれる為、口を開けて話しても相手にその中が見える事がありません。街中でも風邪や花粉症等で同様のマスクを着用している人は結構おり、これなら相対的に目立つ心配も殆どありませんよね。また口を開ける機会を意識して減らす等方法は結構あるものなのです。

歯のセラミックの料金の相場は、それぞれの医療機関の方針によって大きな差があるため、しっかりと担当の医師に相談をすることが大事です。